フリーランスの青色申告について

フリーランスになって2か月。3か月目に突入です。そろそろ成果を出していかなくてはやばいんですよ。少しずつお金は入ってきているんですが、Web案件はスパンが長いのでお金が入ってくるがまだ先。ああ~不安です。不安です。

今は、光熱費とか、国民健康保険とか、国民年金とかいろいろ支払いもあるんですが、この先融資の返済とかも始まってくるので、なんとか受注拡大せんといけませんね。フリーランスって甘くないですよ。まじで。

で、今後重くのしかかるのが「確定申告」これに備えとかないと、申告時に大変なことになります。なので、今から準備しなくてはなりません。

確定申告とは

「確定申告」とはビジネスで儲けた「事業所得」を申告すること。これにより所得税と住民税の額が決定します。 フリーランスの場合、所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間。確定申告書や決算書などの必要書類をそろえ、税務署に申告・納税する流れになります。

確定申告の提出期限は毎年3月15日。それより遅れるペナルティになり、課税額が増えてしまいますので注意が必要です。

確定申告は「青色」or「白色」

確定申告には「青色申告」と「白色申告」があります。「白色申告」は簡易な記帳が必要で簡単なのですが、節税に関する特典(特別控除)が受けらないのがデメリット。

一方「青色申告」の場合は定めらた条件に従って記帳し、申告する形です。白色申告と違って「特別控除」が受けられます。ただし、記帳がけっこう面倒なんです。また、青色申告するためには税務署に「所得税の青色申告承認申請書」提出する必要があります。

詳しくはこちらを… →【初心者必見!】そもそも確定申告とは?提出方法・時期・スマホ申告などまとめ

面倒な確定申告を克服するにはオンラインのサービスと使うと楽

確定申告に備えるためには地道に収支を記帳していく必要があるのですが、これがけっこう面倒だったりします。時間もかかります。こうった手間を省くためにもオンラインのサービスで管理することをおすすめします。

私の場合は「freee」を使っています。

会計ソフト「freee」

ここと契約して、収支がある場合に入力すればOK!帳簿などは自動で作成してくれます。

それ以外にも、見積書、請求書などの作成や管理もでき、連動しているのでこれも気に入っている機能です。ほかにもこういった管理用のオンラインサービスがありますので検討してみるといいかもしれません。

新版 トコトンわかる 個人事業の始め方

新品価格
¥1,620から
(2019/7/8 11:16時点)

【2018-2019年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 事業所得用・申告ソフト付(Windows用・ダウンロード版)

新品価格
¥1,944から
(2019/7/8 11:17時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です